2016年6月4日、久しぶりに大海物語3スペシャルをプレイした。トピックスとなる台のデータは大当たりから約2,000回転のハマリ台である。

ハマリ台を打つプレイヤーの心理は「自分が打てばそろそろ当たる頃合いだろう」というのが多いだろうが、筆者も例外ではない。ただ、その時のデータとしては、約2,000回転のハマリ台であるだけでなく、過去数回の大当たりが単発やワンセットであったことで、もし、パチンコに好不調の周期があると仮定するならば、そろそろ大当たりし、それなりの出玉が期待できると考えて打ち始めた。

さすがに、2,000回転のハマリ台だけあって、玉は入賞しやすく結構まわる台であった。そして読みは当り、17連のはじまりはサム系リーチであった。

時短中の引き戻しが多かった

過去の爆発台の傾向としては、面白いほど時短で引き戻しが発生するが、この台もその傾向があった。確変から時短になっても、すぐに、確変図柄で大当たりになり、確変が続いた。

17連荘を達成し、クジランドを完全制覇!

大海物語3スペシャルの大当たりラウンド開始時にクジランドのマップが表示される。大当たり回数を重ねると、このマップをマリンちゃんのミニキャラが進んでいき、一定の大当たり回数で、新しいマップへ切り替わる仕組みである。クジランドは、入賞とは関係ない、ひとつの遊びの要素ではあるが、クジランドにはゴールがあり、ゴールへ到着すると最後に開放される楽曲で祝福してくれる。

大海物語3スペシャル クジランド

一定数量のパチンコ台のありがたみ

17回の大当たりで17個のドル箱はやはりうれしい。昨今、MAXタイプの機種が多く、その爆発力は体験するとミドルスペックにはない面白さと興奮があるのは間違いがない。しかし、大当たり確率も低く、大当たりしても小当りという場合があり、勝率に不安があるのも事実である。その点、ミドルスペックはそれなりに大当たりし、中にはMAXタイプに匹敵する連荘数を吐き出すことも少なくないのが魅力である。ミドルの魅力は大当たりしやすい分、仮に、単発やワンセットでもその分、プレイ時間が延長でき、その中で次の大当たりを獲得するチャンスがでてくることが魅力ではある。

2016年6月4日 大海物語3スペシャル 17連