スーパー海物語は、大当たり図柄によってエンディングで表示されるテロップが変わる。確変図柄は「もう1回」、通常図柄は「チャンス」となる。また、連チャン数によってエンディング画面が変わる。

『いつものラウンド』のエンディング

夕陽とヤシの木を背景に、マリンちゃんが手を振る演出である。

#確変突入

もう1回

#時短突入

チャンス

エンディングでの確変昇格

入賞時の大当たり抽選で確変図柄での大当たりを引いていながらも、(外見上)通常図柄で大当たりしたときには大当たりラウンド中かエンディングで確変昇格するか、または、時短中に確変に引き戻される。ここではエンディング昇格を紹介する。

大当たりラウンドが「いつものラウンド」であれば、エンディング画面で、サムがマリンちゃんを持ち上げる演出が発生する。本機の初打ちの時に、プレイヤーはこの演出を体験して感動したはずだ。

エンディング昇格

なお、通常図柄で大当たりしたときに、確変昇格の有無を判別できる方法がある。それは「7セグ確変判別法」というものだ。詳しくは別ページにて掲載する。