『魚群』は海物語シリーズの予告アクション・魚群予告で登場するキャラクターである。

『魚群』とは

1995年の初代「ギンギラパラダイス」で初搭載の魚群予告に登場。ギンパラは海物語のルーツであり、正式タイトルで「海物語」をつけた1999年の元祖「海物語」以降のすべてのシリーズ機種でも登場し続けている。
グラフィックとして初代ギンパラと元祖海物語はドット絵だったが、2002年の「新海物語」からデザインが一新、現在に至る。

発生条件

入賞時の大当たり抽選で「大当たり」「はずれ」のどちらを引いても、その後の発展先として演出抽選される。

演出

魚群通常の魚群は、液晶画面の右端から出現し左端へ流れていく。魚群を構成している魚は薄紫と濃い紫のクマノミ2種類、薄紫と濃い紫のヤッコ2種類、ウミヅキチョウチョウウオっぽい魚の模様違い2種類の計6種類である。海物語シリーズでは魚群が出現すると(法則崩れは除いて)必ずスーパーリーチへ発展する。その際、どのスーパーリーチへ発展するかはリーチライン数による。確変中、通常図柄でのリーチ時に魚群予告が発生し、大当たりすれば確変図柄へ昇格する法則がある(一部のST機などは除く)。

魚群2006年の「スーパー海物語」のマリンモードでは画面奥から出現する魚群も登場。スパ海以降の機種でも搭載されることがある。