スーパー海物語 IN 沖縄2

近年、過去の海物語シリーズの人気タイトルが復刻する中、今度は「スーパー海物語 IN 沖縄2」が登場する。パチンコホールへの導入日は2018年11月5日予定だ。今作と初代沖海2の違いについてまとめてみた。

「Pスーパー海物語 IN 沖縄2」は海物語シリーズ新規則機第1弾

今作は海物語シリーズ新規則機の第1弾であることが初代沖海2との大きな違いだ。新規則機とはひとことで言えば「設定」がついたパチンコのことだ。これまでは大当たり確率はひとつだったが、2018年2月1日施行の規制改正からパチンコに設定を付けられるようになったのだ。これまでパチスロには当たり前のようにあった仕様だが、いよいよパチンコにも搭載される時代となった。現状、設定は最大6段階だ。初代沖海2は大当たり確率の設定はひとつであるが、今作は6つだ。

設定 低確率時 高確率時
設定1 約1/119.8 約1/19.9
設定2 約1/117.4 約1/19.6
設定3 約1/114.9 約1/19.1
設定4 約1/113.1 約1/18.8
設定5 約1/110.7 約1/18.4
設定6 約1/106.5 約1/17.7

大当たり確率が高い台で打つことが勝利に直結するが、高確率設定を看破するのは難しそうだ。パチスロの場合には、リールの出目で設定を見破ることが主流であるが、パチンコに至っては出目で見破ることができたとしてもその前に釘を看破しなければならない。つまり、回らない台の演出から設定を見破るのは容易ではない。

近年の海物語シリーズの評価ポイントを踏襲

沖海・大海シリーズの洗練されたハード仕様と演出バランスを盛り込んでいる。

ムービー・サウンド

沖海3・沖海4のプレミアムソングを追加している。全12曲。

タッチセンサー

初代沖海2にはなかったタッチセンサーを搭載している。タッチセンサーは大海物語2で初搭載の仕様で、その後の沖海・大海シリーズに継承している。

スーパー海物語 IN 沖縄2 タッチセンサー

リーチ・演出バランス

ゲームバランスの調整が入ったほか、無変動時間を削減するために初代の12.0秒変動から12.5秒変動に変更になった。これは大海4・沖海4と同じだ。

ワイドアタッカーに変更

大当たり時の消化スピードを増すために、沖海3・沖海4と同じ幅のワイドアタッカーに変更になった。

新しい演出が搭載

ゴージャスな金色系演出「金衣装チェンジ」「金マリン全回転リーチ」を搭載している。衣装チェンジは大当たりラウンド中に発生するが、マリンちゃんではなくサムが登場することもある。

スーパー海物語 IN 沖縄2 金衣装チェンジ

スーパー海物語 IN 沖縄2 金マリン全回転リーチ

沖海2以外の演出が追加

今作のベースは沖海2の遊パチ機だ。大当たり直後には、回転数は少ないがSTがあったり、エンディングチャンスとワンモアチャンスがあったりする。しかし、それだけではない。沖海2以降の「スーパー海物語 IN 沖縄3」「スーパー海物語 IN 沖縄4」の演出も追加している。沖海3のウリンチャンス、沖海4の金魚演出などが加わった。

スーパー海物語 IN 沖縄2 ウリンチャンス

スーパー海物語 IN 沖縄2 金魚群

「Pスーパー海物語 IN 沖縄2」は従来の海物語シリーズの洗練した仕様を搭載したライトスペック機である。タイミングが良ければ出玉の量を期待することができるが、それ以外では演出を楽しみながら少ない小遣いを稼ぐというプレーであろう。ミドルスペックのような出玉の期待感は低いが、海の演出を十分満喫できるスペックだ。