ギンギラパラダイス2は、大当り時に奇数図柄で大当りした場合にはギンギラモードへ突入する。ギンギラモードは高速右打ちを実施して、ギンギラチャンスで、再度、ギンギラモードを継続させていけばドル箱を積み上げられる。なお、ギンギラモード非当選の場合には左打ちの通常モードになってしまう。

ギンギラモード突入・エンディング・ギンギラパラダイス2

ギンギラモードの仕様

奇数図柄で大当りすればギンギラモードへ突入する。大当りからギンギラモード終了までは右打ち簡単プレイで高速大当りを楽しむことができる。

ギンギラモード・ギンギラパラダイス2

発生条件

入賞時に確変図柄(ギンギラパラダイス2では奇数図柄と言う)での大当りを引くと、その後の発展先の予告アクションやリーチアクションを経て大当りし、ギンギラモードへ突入する。

偶数図柄でもギンギラモード突入の可能性がある

基本的には奇数図柄での大当りはギンギラモードへ突入するが、入賞時に確変図柄での大当りを引いていれば、画面上には偶数図柄で大当りしたことになっていても、ギンギラモードへの突入が確定している。プレイ中の演出としては大当りラウンド中またはエンディングでギンギラモードへの昇格演出が発生する。

大当りラウンド中の昇格演出

偶数図柄で大当りした時に大当りラウンド中にギンギラモードへ昇格する演出のパターンは全部で2種類が存在する。

クジラッキーチャンス

ボタン連打でクジラッキーを捕まえることができればギンギラモードへ昇格する。クジラッキーチャンスは偶数図柄で初大当りした時に発生し、背景が海中と海上の2パターンが存在する。海上のパターンの方が期待度が高い。また、クジラッキーチャンス中に登場する扉の色やクラゲの色などは期待度を示唆しており、扉が金色、クラゲの色が赤色であれば昇格確定である。その他、クジラッキーチャンスが11ラウンドで発生すればギンギラモード確定である。

クジラッキーチャンス・海上・ギンギラパラダイス2

クジラッキーチャンス・海底・ギンギラパラダイス2

クジラッキーチャンスの扉の色

クジラッキーチャンスのクラゲの色

リングフラッシュ

クジラッキーチャンスが発生しなくても、大当りラウンド中にリングフラッシュが発生すればギンギラモードへ昇格する。

リングフラッシュ・ギンギラパラダイス2

エンディングの昇格

海物語シリーズではお馴染みのエンディングでサムが登場してマリンちゃんを持ち上げればギンギラモードへ突入する。

ギンギラモード突入・エンディング・ギンギラパラダイス2

ギンギラチャンス

ギンギラモード中に入賞すると大当りラウンドがスタートし、早々にギンギラチャンスが発生する。このギンギラチャンスで奇数図柄、偶数図柄のどちらで大当りしたかが視覚的にわかるようになっている。ギンギラチャンスで奇数図柄が揃えばギンギラモード継続確定となる。開始時の図柄の並び、リーチライン、予告の種類、ボタンプッシュ時の図柄の変化などは継続期待度を示唆している。

継続の期待度を示唆する演出

ギンギラチャンスが継続濃厚な示唆演出は次の通りである。

ギンギラチャンス・ギンギラモード継続濃厚

(C)SANYOBUSSAN CO.,LTD.

  • ギンギラチャンス開始時の液晶内の図柄の並びがチャンス目
  • ギンギラチャンス開始時の液晶内の図柄の並びが縦に3-4-1は継続確定
  • リングスベリが発生すれば継続濃厚
  • リーチラインが確変図柄のシングルリーチであれば継続濃厚
  • 魚群発生ならば継続確定
  • リーチ時にボタン連打で図柄が炎目であれば継続確定
  • ボタン長押し時にボタン硬化であれば継続確定

ギンギラモード突入・継続を判別する方法

ギンギラパラダイス2の筐体左下にある大当り時に「15R」「16R」と書かれた付近にある赤色や青色のランプが集中している箇所に注目して、大当り中にこの赤色や青色のランプの点灯、消灯箇所をチェックすることでギンギラモード突入、または継続を判別することができる。詳しくは別ページ「ギンギラモード突入ランプ判別法」にて公開している。

→[ギンギラモード突入ランプ判別法]