2015年12月7日「スーパー海物語 IN JAPAN」で9連!

スーパー海物語 IN JAPAN 9連

「スーパー海物語 IN JAPAN」の導入日である2015年12月7日、午前中は怪我の治療で病院へいき、その帰りに最寄りのパチンコホールをのぞいたところ、お昼間近というのに、空席がありました。早速、玉の入りそうな台を選んで初打ちを開始。さすがに、ラッキーエイトチャッカーを搭載して、8個保留を売りのひとつにしているので、玉は入りやすく、保留もすぐに貯まります。とはいえ、スーパーリーチはかかるが、なかなか大当たりを引けず、2万円がなくなりました。3枚目の1万円札を投資したところで、まずは海モードで魚群予告から確変大当たりとなりました。確変大当たりは幸先が良いと思いきや、ワンセットで終了。頭をよぎるのは「スーパー海物語 IN JAPAN」は新海物語の類似スペックであることです。新海物語は「あたりやすいが続かないことも多い」。「スーパー海物語 IN JAPAN」もその傾向があるのかと心配をしたところ、時短終了後早々に通常図柄での大当たりをゲットしました。当たらないよりも当たった方がいい。この大当たりは単発で終了。数少ないドル箱を全部入れる覚悟で打つこと300回転位のところで確変大当たりをゲットしました。そこから怒涛の9連をゲット。ただし、その間、一発告知選出「ジャパンフラッシュ」を一度もみることはありませんでした。連荘中、確変ランプをチェックし、確変判別法のデータをしっかりとれたのは大きな収穫でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。